ガラス張り コックピット経営

■ ガラス張り コックピット経営

社員のやる気を高めながら業績アップを実現させる方法の1つとして、「ガラス張り コックピット経営」があります。

1.基準値や目標値を設定し、結果を測定し、見える化すること。
2.業績アップに直結する数値情報、成績情報、業績情報などの重要な数値情報を公開してガラス張りにすること。
3.測定結果はリアルタイムでフィードバックすること。一目でいつでも見られるように、コックピット化しておくこと。

これらのことが実現できていれば、多くの社員を巻き込み、自主性を高め、効果的に業績アップを実現できるようになって行きます。
「会社の内部機密情報が漏洩するのではないだろうか?」
「業績が悪い時は、マイナス効果の方が大きく士気に悪影響を与えるのではないだろうか?」
などの不安を感じるかもしれませんが、一定のルールや条件を設定して、その範囲内で適切に運営すれば大丈夫です。
ブラックボックス化された、フィードバックがない経営に比べて、効果的に社員のやる気を高め、業績アップを実現できるようになって行きます。
あなたの部門には、あなたの会社には、ガラス張りのコックピットのようなものがありますか?

それぞれ会社のレベルを十分に考慮した上で、より運営しやすい「ガラス張り コックピット経営」を実現させて行きましょう。
そして、コックピットの数値情報・測定結果を見ながら、次々と手を打ち、業績アップを加速させて行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする